納骨堂とは何か

遺骨を安置する納骨堂とは

遺骨を安置する納骨堂とは

納骨堂とは遺骨を安置しておくことのできる施設のことで、もともとは火葬後に墓地に埋蔵するまでの一時的な期間、遺骨を預かってもらうと言った目的で利用されるものであったため納骨堂の多くは預かり期間と言うものが定められています。
この預かり期間は更新することが可能で、期間を延長して預けることができるところがほとんどです。
また近年では一時的な利用ではなく永大供養として利用したいと言う方も増えてきているため、永大供養墓を兼ね備えた施設と言うのも増えてきています。
また納骨堂の形態はコインロッカーのようになっているものも多く、そこに大切な人の遺骨を安置するのは抵抗があると言う方も多かったことから、仏壇の形をしているものやお墓などの形をしたものなどを屋内に設置するなどと言った形態をとる施設も増えてきています。
それによってお墓がないため遺骨を自宅で安置させていたと言う方や、お墓の準備ができていなかったためどうしてよいか悩んでいたと言った方などの利用も増えてきています。
一般お墓は公営や民営のものなどがありますが、納骨堂にもお墓のように公営のものや民営のものがあり形態や管理、利用条件、費用などその施設ごとに異なりますので利用の際はしっかりと確認することが大切です。

納骨堂でご供養するメリット

少子化や成人後に故郷を離れる方が増えるにつれて納骨堂の人気が高まっています。
運営は自治体、法人のほかに寺院が併設することもあります。
メリットは色々ありますが、まず費用が低く抑えられ、墓所や墓石を購入する場合のおよそ三分の一ほどで済みます。
屋内であるため草むしりなどの管理も必要なく、メンテナンス費用もかかりません。
アクセスの良い都市部にも数多くあり、公共交通機関を利用し、天候や季節を問わず気軽にお参りができます。
さらに、最近の納骨堂はバリアフリー設計となっていますので、車椅子をご利用の方も安心です。
寺院が運営する場合を除いて宗教や宗派を問わないことが多いのもメリットのひとつで、ご夫婦で信仰が異なっていても問題無くご供養することができます。
ロッカー式、棚式など骨壷の納め方は納骨堂によって様々で、目の前でお参りができる電動式もあります。
永代供養には永久に権利を持つ場合と、年数が限られる場合があります。
将来のことは誰にもわかりませんので、状況が変わり移転をする必要が生じることもあります。
そのような時に従来の墓所より簡単に引越しができるのも大きなメリットです。
納骨堂は世代を超えてご先祖様が眠る場所です。
費用と立地だけでなく細かな条件もよく検討し、メリットを最大限に生かして選びましょう。

納骨堂関連サイト

エリア別で東京の納骨堂をご紹介

納骨堂

新着情報

◎2017/5/12

雨天でも快適に墓参り
の情報を更新しました。

「遺骨」
に関連するツイート
Twitter

ピンクの遺骨みたいなの何 pic.twitter.com/ccBwJt8RdL

Twitter NAsa0414 稲***高遠丞に筋トレの自由を - 2分前

リツイート 返信

遺骨がツボすぎてお腹痛い 例えがうまい

推しキャラの第二ボタンと童貞と遺骨ほしいのめっちゃわかる

Twitter fmlhutB 肩凝り - 9分前

リツイート 返信

のりあきの第二ボタンと童貞と遺骨がほしい

Twitter moneko_dr 🍒アネザキモネ🍒 - 10分前

リツイート 返信

オタユリが好きで好きでたまらない。2人の遺骨を一つの墓に埋めたい早く早くってトチ狂ってる

Twitter k15jtpj 成田🇰🇿👉💥🕶👌🇷🇺 - 10分前

リツイート 返信

ヤーナム産忍者は遺骨を活用した瞬間移動が得意だよ

@chiot_rain 良き。遺骨は燃えるゴミに出す

@Winged__Victory そうなんだ!でも遺骨は持っておいてやりたい(´。・д人)シクシク…

Twitter haruiti3251 ゼロキャラメル@地声クソ🐧 - 16分前

リツイート 返信

親の遺骨と思って大事に持ってた包みの中身が実は木片だったみたいな話を語るテンションが今の暮らしには足りない

えそ、貴方あんなに細かったのに。遺骨は立派だったわね。 この人に守られていたんだな、私は。

Twitter after_maki_bot えそに先立たれた西木野真姫bot - 21分前

リツイート 返信