納骨堂とは何か

増加をする納骨堂の施設

増加をする納骨堂の施設

都市部と田舎とでは人口比率がまるで違い、都会では土地代も高く狭い場所に大勢暮らしているのに対して田舎には広い家でお年寄りが一人で生活していたり、これが日本の現状です。
それと同時に墓地も都会では不足しがちです。
墓所を確保できないまま遺骨を自宅で持っているというケースもかなり増えています。
そんな中、お墓事情も変化し、納骨堂の数が増加して行っています。
納骨堂というのは遺骨を安置しておくための建物です。
家ごとにお墓を持つのが土地的にも管理の面でも難しくなってきたことからロッカーのような状態でいくつものお骨とともに安置しておいてもらうようになったのです。
永代供養墓とは違い、それぞれの家ごとに分かれているのでお参りしやすく、後を継ぐ人がいなくなった場合に合祀墓に移されるタイプなら永代供養をお願いできることから将来的にも安心です。
お墓を置く土地があるはずの田舎もまたあとを継ぐ人がいないことから納骨堂や永代供養に変えるケースが増えています。

これからの埋葬の1つ納骨堂を検討

納骨堂とは寺院や県や市町村などの自治体、法人などにより運営されている遺骨を安置しておく建物です。
ロッカー状の納骨壇に骨壷に入れた遺骨を安置するタイプから仏壇式やお墓式のものもありニーズに合わせて選ぶ事ができます。
納骨堂への埋葬を検討する人は近年増えており、それに伴い多数の納骨壇を設置した大型の施設も増えてきています。
納骨堂を利用する大きな利点としては、お墓を購入して墓地を使用するのに比べて費用をずいぶん安くおさえられる事があげられます。
また、住んでいる場所がお墓から遠いと定期的にお墓の掃除など管理をするのは大変ですが屋内にあるのでそのようなメンテナンスの必要がないという点もあげられます。
多くの納骨堂は無宗派の人の埋葬も受け入れています。
建物には快適にお墓参りをする事のできる設備が整っています。
駅の近くなどアクセスの良い場所に施設がある事も多く、屋内なので天気を気にせずにいつでもお墓参りをする事ができます。